春の山菜|うどのきんぴら|こごみのてんぷら・おひたし|下準備・アク抜き・簡単レシピの作り方

春の山菜|うどのきんぴら|こごみのてんぷら・おひたし|下準備・アク抜きからわかりやすく説明します

春の山菜|うどのきんぴら|こごみのてんぷら・おひたし|下準備・アク抜き・簡単レシピの作り方

この時期だけの春の山菜 ぜひたべてほしいので 簡単レシピをのせました

アクの少ない山菜を使って 山菜料理に挑戦してみましょう

ほんのり苦みが 春の訪れを感じさせてくれます

私はビールと合わせて 毎年たのしんでいます

春の山菜|うどのきんぴら|こごみのてんぷら・おひたし|下準備・アク抜き・簡単レシピの作り方

山菜料理の魅力

お手製の山菜料理で 春をかんじる

春の山菜|うど|こごみ
アクの少ない山菜を使ったり、あく抜きしやすい山菜を使って挑戦してみましょう
こごみ・タラの芽・うど・つくし などは 下処理が比較的簡単です

出回る時期が短い山菜は、とても貴重です

春の山菜|うどのきんぴら|こごみのてんぷら|こごみのおひたし
山菜は 春先から初夏のころまでしか出回らない貴重な食材です。そんな山菜を自分で料理して食べてみましょう!

お酒と相性抜群です

春の山菜|うどのきんぴら
山菜は ほろ苦くとても風味 があります。山菜料理もお酒も止まりません

たくさん作って冷凍しましょう

春の山菜|こごみのおひたし
少しずつより 多めに下処理して 冷凍するといつでも山菜が楽しめます
今回は 天ぷらおひたしきんぴら を作っていきます

用意するもの

天ぷらで用意する材料

・こごみ 10本~15本
・小麦粉 大5  
・片栗粉 大2
・冷水 150㏄

おひたしで用意する材料

・こごみ 約10本
・めんつゆ 適量
・冷水 適量

きんぴらで用意する材料

・うど 約150g
・ごま油 大1
・みりん 大1
・めんつゆ3倍濃縮 大2 
・鷹の爪 適量
家にあるめんつゆ濃縮に合わせて早見表を見て下さい   
3倍濃縮ストレート2倍濃縮4倍濃縮
大さじ1大さじ3大さじ1と1/2大さじ1弱
大さじ2大さじ6大さじ3大さじ1と1/2
大さじ3大さじ9大さじ4と1/2大さじ2強

山菜の下準備

こごみの下準備

半分ほどに切り 水でよく洗います

不要な葉や泥を落とします
頭の巻きの部分も やさしく伸ばして汚れを取りましょう

たっぷりの湯に 塩を適量いれ
こごみを投入し アクを抜きます

サッと茹でます(茹で過ぎは 風味と食感がなくなってしまうので注意して下さい)

冷水にとり少しおいて
ざるにあげます

冷水につけて さらにアク抜きします 長くはつけません

 

ペーパーや布巾で水気をとります


うどの下準備

うどを洗い 下2~3㎝
切り落とします

穂先と茎に切り分けます

産毛のある表皮を 包丁でむきます

表皮は包丁でひっかけて 持ち上げるとスーッとむけます

4~5㎝の筒切りにします

さらに皮をクルクル回しながら
むいていきます

1リットルの水に 酢大さじ2
いれます

うどを切った順に酢水に入れていきます
10分ほど酢水に入れ、あくを抜きます
10分経ったらざるにあげます

 


こごみの天ぷらをつくります

ここで使う食材

・こごみ  10本~15本
・小麦粉  大さじ5
・片栗粉  大さじ2
・冷水   150cc

冷水に小麦粉・片栗粉をいれ
よく混ぜます

生地はゆるめです 山菜の味を引き立てるために薄衣にします
170℃の油でカラッとあげていきます
塩 や めんつゆ でいただきます 抹茶塩も合いますよ(あればですが…)


こごみのおひたしをつくります

ここで使う食材

・こごみ   10本程
・めんつゆ  家にあるもので
・冷水    150cc

タッパー等に めんつゆ・冷水をいれ
そこにこごみを投入します

下処理で手間をかけたので おひたしを手抜きします
めんつゆの濃さは好みになるまで 水で調整してください
冷蔵庫にいれ冷やしておきます


うどのきんぴらをつくります

ここで使う食材

・うど   150g程
・ごま油  大さじ1
・みりん  大さじ1
・めんつゆ3倍濃縮  大さじ2 ※
・鷹の爪   適量
※ 家にあるめんつゆ濃縮に合わせて、早見表をみてください
3倍濃縮ストレート2倍濃縮4倍濃縮
大さじ1大さじ3大さじ1と1/2大さじ1弱
大さじ2大さじ6大さじ3大さじ1と1/2
大さじ3大さじ9大さじ4と1/2大さじ2強

皮は少し硬いので千切りに
あとは 短冊切りに

切り方をかえるので 色んな食感が楽しめます
穂先だけ天ぷらという手もありますが 今回はいっしょにきんぴらにします

フライパンにごま油をひき
1分程 炒めていきます

のこり全て材料をいれ
1~2分程 炒めたら完成です

炒めすぎに注意してください!食感がなくなってしまいます
味見しながら 好みの濃さにしてください
春の山菜|こごみ


最後に・・・

楽しんで作れましたか?

下準備たいへんでしたよね でも苦労したぶん 出来あがった時、食べた時
感動しませんでしたか?私は感動しながらビール片手に山菜を頬張ります!

わからない事があれば気軽にコメントくださいね

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました