【皮つき筍・茹で方】始めてでも簡単!用意するものは米ぬかと唐辛子

【皮つき筍・茹で方】始めてでも簡単!用意するものは米ぬかと唐辛子

【皮つき筍・茹で方】始めてでも簡単!用意するものは米ぬかと唐辛子

皮つき筍簡単茹で方

工程はこれだけです

①筍を洗って土をおとします

②筍の先端を斜めに切ってから切り込みを入れます

③鍋に筍・ぬか・唐辛子を入れて茹でます

④茹でたらそのまま冷まして完成です

筍の茹で時間と冷ます時間はかかりますが簡単にできます

コツを押さえてを茹でてみよう!

 

ストウブ鍋で茹で筍

今回ストウブ鍋ラウンド24cmを使用しました

 

今回使用した材料

・筍(中)3本
・米ぬか 1カップ
・鷹の爪 1本
米ぬかは1/2~1カップあれば充分です。手でひと握りつかんだ分くらいです(カップを使わずに手でつかんでもOK!)

 

米ぬかと唐辛子
ぬかを入れる理由

・えぐみを取る

・旨味を引き出す
鷹の爪を入れる理由

・臭みを取る

・防腐効果がある

 

筍の選び方

鮮度のいい筍の簡単な選び方

・穂先が黄色いもの

・切り口が白くみずみずしいもの

・下に付いているブツブツが紫がかった赤いもの

・ブツブツの数が少ないもの

 

鮮度のいい筍

 

筍の茹で方

①筍の下処理をする(※1

②鍋に筍・米ぬか・唐辛子・水を入れ中~強火にかけ、沸騰したら弱火で約1時間茹でる。火を止め竹串を刺して茹でられたか確認する(※2

③そのままの状態で完全に冷めるのを待つ(※3

④完全に冷めたら皮をむき、水をはった容器に入れる(※4

⑤冷蔵庫で保存する。完成です(※5

 

筍

 

※コツ・ポイント

※1筍の下処理

筍をタワシで洗う

水をかけながら、タワシなどを使って土を落とします

 

外側の皮をめくる

外側の硬い皮を1、2枚めくります

 

筍の赤いブツブツ

めくると赤っぽいブツブツが出てきます

筍のブツブツは硬いですが食べられます。硬い部分は炒め物に向いているので、中華風にして牛肉や豚肉と炒めると美味しいです!

 

筍の穂先を切り落とす

穂先を斜めに約4~5cm切り落とします

筍の実を切り落とさないように注意して下さい

穂先を切るのは、火の通りをよくするためです

 

縦に切り込みを入れる

切り落とした部分に、縦に半分くらいまで切り込みを入れます

切り込む深さは2cmほどです(実を切らないように注意します)

手を切らないように注意して下さいね!

切り込みを入れるのは、火の通りをよくするため皮をむきやすくするためです

※2筍を茹でる

・大きで深めの鍋を用意して下さい

 

ストウブ鍋
鍋の選び方

・筍が重ならずに入る大きめのもの

・筍が鍋から出な深いもの

 

鍋に筍と米ぬかと唐辛子を入れる

鍋に下処理した筍米ぬか1カップ鷹の爪1本を入れます

鷹の爪は種を取らずそのまま使います

 

鍋にたっぷりの水を入れる

たっぷりの水を入れます

筍がしっかり浸かるくらいの水を入れましょう

中~強火で火にかけます

 

筍を強火で火にかける

沸騰したら弱火にします

 

沸騰したら弱火で火にかける

落とし蓋をして約1時間茹でます

落とし蓋は木製でも金属製でも、でもキッチンペーパーでも構いません

鍋肌がポコポコするくらいの火加減にして下さい。吹きこぼれに注意しましょう!
落とし蓋は、筍が浮き上がってこないようにするため火の通りを均一にするためです

 

水が減ったら足す

水が減ったら足して下さい

水が減っていないかときどき鍋を確認して下さい!

 

筍に火が通ったか確認する

1時間したら筍に火が通ったか確認します

筍の太い部分に竹串などを刺してみて、スッと竹串が通ったらOKです

竹串が通らなかったら再度火をつけて15分ほど茹でます。茹で過ぎないように短時間で確認しましょう

※3筍を冷ます

そのまま冷めるのを待つ

筍に火が通ったら落し蓋をしたままの状態で冷めるのを待ちます

冷めていく過程でアクがしっかり抜けるそうです。完全に冷ましましょう

茹で汁を捨てないで下さい!ゆで汁につけたままで冷まします

※4皮をむく

・筍と水が入る保存容器を用意します

 

茹でた筍を洗う

流水で筍を洗い、米ぬかを落とします

 

筍の皮をむく

切れ目に親指の腹をあてます

 

筍の皮をむく

皮を下にグッと下ろします

 

筍の皮と実

筍の皮と実にわけます

 

姫皮

むいた皮の内側に柔らかく食べられるところがあります(姫皮といいます)

切り取った姫皮は千切りなどにして梅肉和えきんぴら味噌汁などにして食べて下さい(美味しい!)

 

筍のブツブツをとる

下に付いているブツブツが苦手な方は包丁で薄く取り除いて下さいね

 

筍を水につける

下処理した筍を保存容器に入れて、しっかり浸かるくらいの水を入れます

水の表面より上に筍がでないようにしましょう。蓋が閉まらないときは筍を半分に切って下さいね

※5保存の仕方

・筍の水分が抜けないようにしましょう!

保存するときの注意点

密閉して冷蔵保存する

毎日一回は水を交換する

保存状態によりますが約1週間、日持ちします

日が経つにつれ風味が落ちてくるので美味しく食べるなら2、3日で食べたほうがいいと思います( ◠‿◠ )

 

筍

「時間はかかるけど簡単にできるのよ」と母から教わりました

手間はかかりますが自分で茹でた筍は格別です( ◠‿◠ )

醤油を垂らしてフライパンで焼くだけでもご馳走になります!

「筍ご飯」は家族みんなの大好物です(^^♪

 

筍

 

何かわからない事があれば、気軽にコメントくださいね

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。