【ブライン液】オーブンで簡単!ジューシーなローストビーフの作り方

【ブライン液】オーブンで簡単!ジューシーなローストビーフの作り方

【ブライン液】オーブンで簡単!ジューシーなローストビーフの作り方

広告

 

今回は、

ブライン液に漬けた牛肉で、ローストビーフを作ります

 

ゆき 吹き出し
・牛肉を柔らかくしたい!ブライン液の作り方・漬け方教えます

・失敗したくない!低温のオーブンでじっくり牛肉を焼く方法を教えます

・ブライン液に漬けた、鶏・豚・牛のレシピ紹介します

 

ブライン液とは、もともと塩を溶かした水のことを言います。現在は水に塩と砂糖を溶かしたものをブライン液と呼んでいます

 

※工程を見ると難しく面倒に思うかもしれませんが、作ってみると意外に簡単なんです。挑戦して下さい!時間をかけて自分で作ったローストビーフに必ず感動します

 

(簡単な自己紹介)フクヒロキッチン・ゆき♪です。男女二人の子供を育てながら、スーパーのデリカコーナーで10年以上主任をしていました。お店の経験を活かして『 簡単に作れて、カラダに優しい料理 』をご紹介します♪(プロフィールはこちら

ブライン液・ローストビーフ

今回使用する材料

ブライン液の材料

・水 400cc
・塩 20g
・砂糖 20g
ブライン液は、水に対して5%濃度の塩と砂糖を溶かした調味液です

 

今回ブライン液に入れた材料

・Aにんにく薄切り 1片
・Aローリエ 1枚
・Aローズマリー 1枝
・A人参スライス 適量
・A粒黒胡椒 大1
今回はローストビーフを作るので、基本のブライン液にハーブなどを入れます。好みのハーブや香味野菜などを一緒に漬け込んで下さい(タイム・セロリ・玉ねぎなど)

 

ローストビーフの材料

・牛肉 500g
・オリーブオイル 大1
今回使用した牛肉は、国産の赤身モモブロックです

 

広告

今回使う道具・芯温計

ローストビーフを作るとき、中心部に火が通っているか心配になりませんか?

芯温計があると、中心部の温度が計れるので安心です

私が使っているタニタの温度計。値段も手ごろで、他にもお菓子作りや油の温度を計ったりと色々使えるので便利です。私は使ったあとアルコール消毒して保管しています

牛肉を柔らかくする方法・ブライン液

ブライン液に漬けた牛肉は、その効果でしっとり柔らかくジューシーになります

魔法がかかったと思うくらい、美味しく生まれ変わります

ブライン液を詳しく記事に書いたので、ぜひ読んで下さい!

ブライン液のススメ

広告[ads-pos-1] 今回は【ブライン液】についてお話します ・ブライン液は、家庭でも簡単に作れます・ブライン液に漬けると、低脂肪でパサつきやすい肉がしっとりします・ブライン液に漬[…]

【メリット・デメリット】ブライン液|理由・仕組みを知って得しよう

 

ブライン液の作りかた

袋の口をしっかり持ち上下に振る

ビニール袋に基本のブライン液の材料を入れたら、しっかり口を持ち上下に振って塩と砂糖を溶かします

ブライン液の材料
・水 400cc
・塩 20g
・砂糖 20g

 

ボウルにビニール袋を入れる

ボウルにビニール袋ごと入れておきます(後で、下ごしらえした牛肉を漬けます)

牛肉の下ごしらえ

フォークで牛肉を刺す

フォークで牛肉を刺しまくります(全面に刺します)ブライン液が、浸透しやすくなります

牛肉を刺すのはパックの上で行って下さい。まな板を汚さず、洗い物も減ります

ブライン液・漬け方と漬け時間

ブライン液に牛肉とAの材料を入れる

用意しておいたブライン液に牛肉とAの材料を入れ、空気を抜いて口を結びます

Aの材料
・Aにんにく薄切り 1片
・Aローリエ 1枚
・Aローズマリー 1枝
・A人参スライス 適量
・A粒黒胡椒 大1

今回は塊の牛肉なので、漬け時間はひと晩~1日漬け込みます

私はいつも1日漬け込んでいます

ブライン液に漬けた牛肉は、必ず冷蔵庫で漬け込んで下さい

美味しいローストビーフの作り方

①牛肉をブライン液から取り出して、常温に戻す(※1

②フライパンにオリーブオイル大1をひき、強火で牛肉の表面に焼き目をつける(※2

③オーブンを120度に余熱する。クッキングシートをひいた天板に牛肉をのせ、40分焼く(※3

④焼けたら天板を取り出し、牛肉にアルミホイルを被せる。もう一度オーブンに戻し入れ、焼いた時間と同じ時間休ませる(※4

⑤最後にひと手間かけて、完成です(※5

 

ブライン液・ローストビーフ

 

※コツ・ポイント

※1牛肉を常温に戻す

牛肉を常温に戻す

冷蔵庫から出した牛肉を、常温に戻します

常温に戻す時間は、30分~1時間

牛肉を常温に戻すのは、冷えたままで焼くと中まで火が入らないからです

 

牛肉の水切りに使った、カンダの盆ざる。平らな形状で牛肉のような大きな食材でも、簡単に水切りができます。「カンダの盆ざるをオススメする理由」を記事にまとめたので、ぜひ読んで下さい

カンダの盆ざる

今回は、一度使ったらもう手放せないざる、カンダの盆ざるの紹介です ・このざるは野菜の水切りがしっかりできて、料理が美味しくでき上がります・このざるは5cmの隙間に3枚収納できるので、収納場所に困りません[…]

【カンダの盆ざる】サビに強いステンレス・素早い水切れ・楽々収納!

※2牛肉に焼き目をつける

牛肉の表面を焼く

フライパンに、オリーブオイル大1を入れて強火で熱します

しっかり熱したフライパンに牛肉を入れたら、表面全部に焼き目をつけます

表面を焼くのは肉汁が流れ出るのを防ぐためです。高温・短時間で全面に焼き目をつけます

※3オーブンで牛肉を焼く

オーブンで焼く

オーブンを120度に余熱します

クッキングシートをひいた天板に牛肉をのせたら、120度のオーブンで、40分焼いていきます

 

中心部の温度を確認する

焼けたら中心部の温度を計ります(55度でした)

中心部に火が入っていない場合は、再度焼いて下さい(焼き過ぎに注意して下さいね)

牛肉の大きさや国産牛または外国牛などで焼く時間が変わります。芯温計で肉の中心部を計って50度~55度になっているか確認します

※4牛肉を休ませる

牛肉にアルミホイルを被せる

焼けたら天板を取り出し、牛肉の上にアルミホイルを被せます(包みません)

 

オーブンの中で休ませる

オーブンの中で、焼いた時間と同じ時間休ませます

余熱でじっくりと中心部まで、火を入れていきます

休ませた牛肉を、好みの厚さに切ったら完成です(ひと手間かけたい方は、※5まで)

今回のローストビーフはブライン液で下味がついているので、そのまま食べても充分に美味しいです。私は柚子胡椒やワサビを少しつけて食べるのが好きです。ポン酢で食べても、あっさり美味しいですよ!

※5ひと手間

休ませたらローストビーフは完成ですが、時間のある方はひと手間かけて下さい。更にローストビーフが美味しくなります!

 

バターで牛肉を焼く

牛肉の表面の水分を、キッチンペーパーで優しく拭きます(牛肉を強く押さえないで下さい!)

フライパンにバターを適量入れ、牛肉の表面を焼きます

美味しそうな色に焼けたら、取り出して好みの厚さに切って下さい

最後に少し焼くと香ばしくなり、美味しさがUPします!

 

ローストビーフ

低温で焼いてから、時間をかけて休ませた牛肉は、切っても肉汁がこぼれません。しっかり筋繊維が肉汁を吸っています(とてもジューシーに仕上がった証拠です!)

肉汁がこぼれないのは、きちんと火が入っている証拠です。また筋繊維がしっかり肉汁を吸っているので、食べた時にジュワーと肉汁が溢れ出てとてもジューシーです

ブライン液効果!レシピの紹介

パサパサになりがちのお肉がしっとり柔らかに。ブライン液の効果を感じて下さい

 

ブライン液・牛肉ステーキ

今回は、ブライン液に漬けた牛肉で、美味しいステーキを作ります ゆきブライン液に漬けると…・問題解決!焼くと固くなりがちの輸入牛が柔らかくなります・嬉しい!安い牛肉が、美味しいステーキに大変身します・驚[…]

安い牛肉を柔らかくする方法「ブライン液」美味しいステーキ作れます

 

ブライン液・油淋鶏

今回は、【ブライン液】鶏むね肉で作る・油淋鶏のレシピ油淋鶏(ユーリンチー)とは油をすくいかけながら揚げた鶏肉に、醤油ベースの甘酢香味ダレをかけた中国料理です ゆき・むね肉をブライン液効果で、しっとり柔ら[…]

【ブライン液】鶏むね肉が柔らか絶品に!揚げない油淋鶏の簡単作り方

 

鶏胸肉の唐揚げ

今回は、【ブライン液】鶏胸肉の唐揚げの作り方です ゆき・低脂肪でヘルシーな、鶏胸肉を使います・ブライン液に胸肉を漬け込んで、鶏胸肉を柔らかくします・ブライン液で、基本となる下味がつきます […]

【ブライン液】しっとりジューシー鶏胸肉の唐揚げ|仰天の美味しさ!

 

ブライン液・ローストポーク

今回は、ブライン液に漬けた豚肉で「ローストポーク」を作ります・ブライン液に漬けた豚肉はしっとりジューシーな仕上がりになります・ブライン液に漬けた豚肉は旨味がUPします・ブライン液に漬けると豚肉に下味がつきます[…]

【ブライン液】豚肉の柔らかさに驚き!オーブンで作るローストポーク

 

ブライン液・とんかつ

今回は、ブライン液に漬けた豚肉で「とんかつ」を作ります ブライン液に豚肉を漬けると嬉しいことが起こります・しっとり柔らかくなります・冷めても固くなりません・素材の味が楽しめます ブライン[…]

ブライン液で豚肉に変化がおきる!柔らかジューシーとんかつのレシピ

 

ローストビーフ

ブライン液の効果で、牛肉柔らかくする

まさに「魔法の水」ですね

塊の牛肉にも均等に下味がつくので、安定した美味しいローストビーフが作れます

低温120度で焼いて余熱でじっくり火を入れるので、とてもジューシーになるんです

時間をかけて、とびきり美味しいローストビーフを作りましょう

得意料理は?と聞かれたらもちろん「ローストビーフ」と答えて下さいね!

 

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。