【大同電鍋】美味しい!ごま油香る韓国風・簡単にできる大根飯レシピ

【大同電鍋】美味しい!ごま油香る韓国風・簡単にできる大根飯レシピ

【大同電鍋】美味しい!ごま油香る韓国風・簡単にできる大根飯レシピ

大根飯】とは?

昔(戦時中)は白米をお腹いっぱい食べるのが困難だったため、米を炊くとき一緒に雑穀や野菜を入れてかさ増しをしていたそうです

かさ増ししたご飯を「かて飯」と呼びます

「大根飯」はかて飯の中のひとつで、他には芋飯・小豆飯・海藻飯などがあります

大根飯とは大根と米を一緒に炊いた炊き込みご飯ですが、今と昔とで随分食べる目的が変わってきますね

今の大根飯は、大根の甘みとみずみずしさを味わうために食べる「贅沢なご飯」です

  

今回は少しアレンジした「ごま油香る・韓国風大根飯の作り方」を紹介します

簡単なレシピなので挑戦して下さい!

 

広告

 

 

韓国風の大根飯

大同電鍋・大根飯で使用する食材

・米 2合(300g)
・大根 200g
・水 2合分
・A薄口醤油 大2
・A酒 大2
・A顆粒だし 小2
・ごま油 大1
3合で炊く場合は、大根300g・水3合分・薄口醤油と酒は大3・顆粒だしは小3で炊いて下さい。電鍋の外釜に入れる水は300ccです

 

大同電鍋・大根飯の作り方

①米を研いだら浸水させておきます(※1

②浸水している間に、大根の下ごしらえをします(※2

③フライパンにごま油大1をひき、下ごしらえした大根と塩ひとつまみ(分量外)を入れて炒めます(※3

④内釜に米とAを入れて、目盛2まで水を入れます。最後に③を入れます(※4

Aの調味料
・A薄口醤油 大2
・A酒 大2
・Aみりん 大2
・A顆粒だし 小2

⑤大同電鍋の外釜に水200cc(分量外)を入れ、内釜をセットして炊飯します(※5

⑥大同電鍋がカタンと音がしたら完成です(※6

 

大同電鍋「塩おこわ」美味しいく炊けます!やみつきになる美味しさです

大同電鍋・塩おこわ

手間はかけずに簡単に!台湾の人気家電【大同電鍋】で基本の塩おこわを作ります  やみつきモチモチ食感と、ほんのり塩味がクセになる悪魔的美味しさなんです 梅干し・じゃこ・鮭・コーン・ツナさて、今[…]

【大同電鍋】無限・やみつき塩おこわ|簡単・手軽・アレンジ力抜群!

 

韓国風大根飯

 

※コツ・ポイント

※1米の浸水

米を浸水させる

米を浸水させる理由は、米をふっくらもっちり炊き上げるためです

浸水せずに米を炊くと、米に芯が残ってしまう場合があります。美味しくご飯を炊くためにもしっかり浸水させましょう

浸水時間の目安

1~2時間の浸水がベストです

浸水させすぎると風味が落ちたり食感が悪くなります。浸水時間は2時間までにしましょう
浸水を常温ですると雑菌が繁殖する原因になります。できるだけ冷蔵庫で浸水させましょう(夏場は特に!)

 

米の浸水で使ったボールです。無印良品のステンレスボールは、使いやすくコスパもいいのでオススメです!

※2大根の下ごしらえ

米を浸水している間に、大根の下ごしらえをします

 

大根をサイコロ状に切る

大根は皮をむき1cm角のサイコロ状にします

大根の皮付近は栄養豊富なので、皮つきのままでも問題はありません。皮つきは食べたとき食感に噛み応えが出ます

 

サイコロ状に切った大根を水にさらす

サイコロ状に切った大根を、水にさらします

水にさらすと大根のアクや臭みが取れます。さらす時間は5~10分です。さらし過ぎると食感が悪くなり、栄養素が抜けるので10分以上さらさないように注意しましょう

 

水にさらした大根をざるに上げる

水にさらした大根をざるに上げ、水気をよく切ります

 

大根の葉を切る

大根に葉がついていたら、ぜひ使いましょう!大根葉はとても栄養豊富です

・葉には泥が残っている場合が多いので、しっかり洗って下さい。特に根元の部分は念入りに洗いましょう

・5㎜~1cmほどに切ります

大根葉が残ってしまったら、水気をきりラップに包んで冷凍しましょう。使いたいときいつでも使えて便利ですよ

※3大根を炒める

大根の表面が少し透き通ったら完了

①フライパンにごま油大1をひいて、中火で熱します

②大根と塩ひとつまみを入れ、炒めます(大根葉がある方はここで入れます)

③大根に油がまわり、表面が少し透き通ったらOKです

※4内釜に準備

水加減は目盛より気持ち少なめにする

内釜に米とAを入れてから、目盛2まで水を入れます

大根から水分が出るので、水は気持ち少なめに入れましょう!

 

内釜に炒めた大根を入れる

最後に炒めた大根を、米の上に広げてのせます

※5電鍋に準備

外釜に水200ccを入れ、内釜を入れる

外釜に水200ccを入れ、内釜を入れます

内釜の蓋をして、外釜の蓋をします

 

大同電鍋のスイッチをONにして、レバーを下げる

スイッチをオンにして下にあるレバーを下げます

調理開始です(約20分です)

だんだん電鍋が熱くなって蒸気が上がります。火傷に注意しましょう!

※6蒸らす・完成

保温で10分蒸らす

調理が終わったら保温のまま10分蒸らします

 

炊き上がったら蓋を取り、大根とご飯を優しく混ぜ合わせる

蒸らし終わったらすぐに大根飯を混ぜ合わせます

電鍋が熱くなっているので、蓋を取るとき注意しましょう

 

「器つかみ」があると、熱い内釜をラクラク取り出せます!

内釜を器つかみで取り出す

 

安定感があってとても使いやすいです!

 

完成です!

韓国風の大根飯

  

11月から2月が旬の大根

甘みが強く、みずみずしくて本当に美味しいですよね

わが家は家族全員、旬の時期の「大根飯」を楽しみにしています

【大同電鍋】美味しい!ごま油香る・韓国風大根飯の作り方・栄養満点

 

・炊くとき一緒に油揚げを入れるだけで簡単アレンジ!油揚げは油抜きするとさらに美味しく仕上がります

・他にも、じゃこシーチキン人参など一緒に炊き込むと美味しくアレンジできます

・お味も韓国風や和風、ナンプラーを使ってタイ風にと調味料を置きかえるだけで簡単に味変できます

 

韓国風の大根飯

 

大同電鍋は蒸気の力でご飯をふっくら美味しく炊いてくれます

ぜひ「大根飯」作ってみて下さいね!

 

何かわからない事があれば、気軽にコメントくださいね

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。