【ブライン液】鶏胸肉で作るふわふわとり天のレシピ|驚愕の柔らかさ

【ブライン液】鶏胸肉で作るふわふわとり天のレシピ|驚愕の柔らかさ

【ブライン液】鶏胸肉で作るふわふわとり天のレシピ|驚愕の柔らかさ

みなさんは「とり天」を作るとき、鶏肉のどの部位を使われますか?

鶏もも肉を使ってとり天にすると、ジュワッと旨味と肉汁が溢れ出て本当に美味しいですよね

 

しかし!今回はあえて鶏胸肉を使って「とり天」を作っていきます

胸肉を使う理由は、「もも肉と比べて安価」で「低脂質でカロリーが低い」からです

 

「でも、胸肉はパサパサになるからなぁ」と敬遠されがちですよね

 

諦めないで!大丈夫です。胸肉がしっとりジューシーに変身するんです

美味しくなる魔法をかけてくれるのが【ブライン液】なんです

漬けるだけで本当に美味しくなるんですよ!

 

前置きはこれくらいにして、ブライン液に漬けた鶏胸肉をとり天にしていきましょう♪

 

美味しそうなとり天

胸肉のとり天で使用する材料

鶏胸肉 1枚(約300g)
揚げ油 適量

<ブライン液>
・水 200㏄
・塩 10g
・砂糖 10g

<下味>
・にんにく 小1/2
・しょうが 小1
・ごま油 小1
・醤油 小1/2

<衣>
・卵 1個
・小麦粉 大5
・片栗粉 大2
・冷水 70㏄

鶏肉2枚で作る場合、下味を2倍にして下さい。ブライン液と衣は1枚分の分量でいけます(なんとか^^;)

 

 

「 使ってみよう!ブライン液 」肉や魚を美味しくしてくれるのは「なぜ?」その理由やメカニズムをお話しています♪ 知れば得する魔法の水 (^^♪

ブライン液のススメ

今回は【ブライン液】についてお話します ・ブライン液は、家庭でも簡単に作れます・ブライン液に漬けると、低脂肪でパサつきやすい肉がしっとりします・ブライン液に漬けるだけで、肉がジューシーで美味しくなります[…]

【メリット・デメリット】ブライン液|理由・仕組みを知って得しよう

 

 

 

鶏胸肉・とり天の作り方

①ブライン液を作ります(※1

ブライン液の材料
・水 200㏄
・塩 10g
・砂糖 10g

②そぎ切り(※2)にした鶏胸肉を①に入れて、袋の空気を抜きながら袋を閉じます。冷蔵で2時間漬けます

③時間がきたら②をザルに上げ水気を切ります。ボウルに水気を切った②と下味の材料を入れ、もみ込んで10分おきます(※3

下味の材料
・にんにく 小1/2
・しょうが 小1
・ごま油 小1
・醤油 小1/2

④別のボウルに衣の材料を入れ混ぜ合わせます。(※4

衣の材料
・卵 1個
・小麦粉 大5
・片栗粉 大2
・冷水 70㏄

⑤下味のついた鶏肉に、衣をつけます(※5

⑥180℃の油で⑤をカリっと揚げていきます(約5分)(※6

 

 

 

 

 

※コツ・ポイント

※1ブライン液の混ぜ方

ビニール袋に、ブライン液の材料を全て入れ混ぜる

簡単に塩と砂糖が溶ける混ぜ方です

①ビニール袋に、ブライン液の材料を入れます

②水が飛び出ないようにビニール袋の口をしっかり持ち、上下にシャカシャカ振ります

③完成です

※2そぎ切りの仕方

鶏肉をそぎ切りする
そぎ切りした鶏胸肉

そぎ切りの仕方です

①胸肉に皮がついていたら取り除きます

②皮目を上にして、包丁を寝かせて斜めに入れます(反対の手の指で切る肉を押さえて下さい)

③包丁を手前に引きながら切ります

包丁の角度で鶏肉の断面を広さを調整できます。断面が広いと火の通りが早く、味がしみ込みやすいです
私は取り除いた皮を冷凍します。ある程度たまったら「皮の唐揚げ」や「炒飯」に入れたり「湯引き」してポン酢をかけて食べたりしています♪ 皮も美味しいので、捨てるのはもったいない! (^^)

※3下味の分量

鶏肉に下味をつける

ブライン液に漬けた鶏肉は、洗わず使用します

・ブライン液に漬けた肉は、自然に下味がつきます。更に味をつけるときは、調味料をいつもより少し控えて下さい(今回も控えています)

 

あっさり味が好みの場合は、③の下味の工程をとばして下さい。ブライン液の下味だけでも充分美味しいです

※4衣の作り方

とり天の衣を作る

①最初に冷水と卵をよく混ぜ合わせて卵水を作ります

②卵水に粉を加え、ざっくり混ぜます。粉が残っていても大丈夫です

 

小麦粉と水をよく混ぜるとグルテンが発生します。グルテンは水分を包み込むのでモチッとした仕上げりになるんです。今回は衣をサクサクにしたいのでざっくりと混ぜます

※5衣をつけるタイミング

鶏肉と衣を混ぜ合わす

衣が入っているボウルに、下味のついた鶏肉を入れます

・揚げる直前に衣をつけます!
鶏肉に衣をつけてから時間が経つと、べちゃっとなってしまいます

※6とり天揚げ方

カリっと揚がったとり天

①油に入れた鶏肉は、すぐには触りません。衣がはがれてしまいます

②衣が少し固まったら、箸で鶏肉の上下を返します

③約5分揚げたら完成です

・鶏肉の大きさで揚げ時間は前後します。火が通ったか心配なときは、ひとつ取り出し半分に切って確認しましょう

 

揚げすぎると水分が抜け、鶏肉が固くなるので注意しましょう!

 

 

こちらはブライン液に漬けた【鶏胸肉の唐揚げ】です。とり天も美味しいんですが、やはり王道の唐揚げは外せませんよね!ぜひ一度作ってみて下さい (^^)

鶏胸肉の唐揚げ

今回は【ブライン液】に漬けた鶏胸肉を使って、唐揚げを作ります (^^)  「モモ肉とムネ肉」皆さんどちらがお好みですか?私、モモ肉を好まれるかたが多いように思うんです。実は私もそのうちの一人なんですよねモ[…]

【ブライン液】しっとりジューシー鶏胸肉の唐揚げ|仰天の美味しさ!

 

ささみをブライン液に漬けて、電子レンジで「蒸し鶏」を作りました。超簡単な蒸し鶏を使ったレシピも紹介しています。使い勝手のいい「ささみの蒸し鶏」を作ろう (^^♪

ささみ蒸し鶏

今回は、ブライン液に漬けた「鶏ささみの蒸し鶏」電子レンジで簡単に作ります ・ブライン液に漬けた鶏ささみは、パサつきません・ブライン液で下味がつくので、そのままでも美味しく食べられます・ブライン液[…]

ブライン液で超しっとり|レンジで簡単!柔らかささみの蒸し鶏レシピ

 

 

とり天と大根おろしわさび

みなさんは「とり天」に何をつけて食べられますか?

天つゆ?それとも塩?

 

今回のとり天は下味がしっかりついているので、そのまま食べても美味しいんですが

わが家はキリっと辛口の醤油を、少しつけて食べています

あと、わさびもいけますよ。これはビールにもお酒にも合うんです (≧▽≦)

 

とり天が残ってしまったら、わが家は次の日の朝食にしています

パンにマヨネーズとチーズととり天を乗せ、パンを半分に折ってガブリです

バゲットやドッグにしても美味しいですよ!

子供たちの大好きな朝ごはんです (^^♪ 

 

意外に色んな楽しみ方がある「とり天」なんです!

ぜひ「とり天ドッグ」試してみて下さいね。美味しいですよ (^^)

 

とり天と大根おろしと醤油

 

 

 

おすすめアイテム

塩糖水漬けレシピの本

塩糖水漬けレシピ 著者 上田淳子

塩糖水(ブライン液)が詳しくわかる1冊です。肉や魚のレシピが盛りだくさん!珍しいレシピも載っていて楽しいですよ (^^) しっかり読んで塩糖水(ブライン液)を自分のものにしよう!

アマゾンで見る

 

 

おすすめ関連記事

大同電鍋・蒸し鶏

ブライン液に漬けた鶏肉を「蒸し鶏」にしました 。蒸し料理と言えば【大同電鍋】です。「簡単・楽・美味しい」が叶います!ほったらかし調理がしたい方にオススメです(^^)

大同電鍋・蒸し鶏

今回のレシピは、【大同電鍋】蒸し鶏の作り方・ブライン液に浸けた鶏肉を使います・電鍋で蒸すだけの簡単レシピ・蒸し鶏の活用法 大同電鍋を使った蒸し鶏で用意するもの 鶏肉   約300g A[…]

大同電鍋|蒸し鶏の簡単レシピ|鶏胸肉・もも・ささみ・鶏肉全部OK

 

 

何か質問があれば、気軽にコメント下さいね

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。