ブライン液で豚肉に変化がおきる!柔らかジューシーとんかつのレシピ

ブライン液で豚肉に変化がおきる!柔らかジューシーとんかつのレシピ

ブライン液で豚肉に変化がおきる!柔らかジューシーとんかつのレシピ

今回は、

ブライン液に漬けた豚肉で「とんかつ」を作ります

 

ゆき 吹き出し
ブライン液に豚肉を漬けると嬉しいことが起こります

しっとり柔らかくなります

冷めても固くなりません

素材の味が楽しめます

 

ブライン液とは、もともと塩を溶かした水のことをいいます。現在は水に塩と砂糖を溶かしたものをブライン液と呼んでいます

 

広告

 

(簡単な自己紹介)フクヒロキッチン・ゆき♪です。男女二人の子供を育てながら、スーパーのデリカコーナーで10年以上主任をしていました。お店の経験を活かして『 簡単に作れて、カラダに優しい料理 』をご紹介します♪(プロフィールはこちら

ブライン液・とんかつ

今回使用する材料

ブライン液の材料

・水 200cc
・塩 10g
・砂糖 10g
ブライン液は水に対して5%濃度の塩と砂糖を溶かした調味液です(水100ccなら塩・砂糖5gずつです)

 

ブライン液が食材を柔らかくする原理や、メリットデメリットをお伝えしてます

ブライン液のススメ

[afTag id=32444]今回は【ブライン液】についてお話します・ブライン液は、家庭でも簡単に作れます・ブライン液に漬けると、低脂肪でパサつきやすい肉がしっとりします・ブライン液に漬けるだけで、肉がジュー[…]

【メリット・デメリット】ブライン液|理由・仕組みを知って得しよう

 

とんかつの材料

・とんかつ用豚肉 2枚
・揚げ油 適量
・パン粉 適量

バッター液
・卵 1個
・小麦粉 大4
・水 大1

 

広告

 

ブライン液・作り方と漬け方

ブライン液の作り方

ブライン液を上下に振る

ポリ袋にブライン液の材料を全て入れます

ブライン液の材料
・水 200cc
・塩 10g
・砂糖 10g

ポリ袋の口をしっかり持ち、上下に振って塩と砂糖を溶かします

 

ボウルに入れる

ポリ袋ごと、ボウルに入れておきます(あとで下ごしらえした豚肉を漬けます)

 

豚肉の下ごしらえ

※今回は豚ロース肉を使用しています

豚肉の水分を拭き取る

買ってきた豚肉を一度水洗いし、キッチンペーパーで水分を拭き取ります

 

豚肉の筋を切る

豚肉の筋を切ります(赤身と脂身をつないでいる部分が筋です)

筋切りは、火を通したとき豚肉が縮むのを防ぎます。縮むと豚肉が反り返ります

 

豚肉にフォークで穴をあける

フォークで豚肉を刺して、数か所穴をあけます

穴をあけると、豚肉にブライン液がよく浸透します。穴をあけても、でき上がりに支障はありません

 

ブライン液に豚肉を漬ける

下ごしらえが済んだ豚肉をブライン液に漬け、空気を抜いて口を閉じます

ブライン液に漬けたら、冷蔵庫4時間~ひと晩漬け込みます

※今回は、7時間漬け込みました

ブライン液に漬けた豚肉は必ず冷蔵庫で漬け込みます。常温でおくと雑菌が繁殖して食中毒の原因になる場合があります

とんかつの作り方

①豚肉をブライン液から取り出し、常温に戻す(※1

②バッター液とパン粉の用意をして、カツの準備をする(※2

③油を180度に温めたら、静かにカツを入れる。カツの表面が色づくまで約2分揚げたら、ひっくり返してもう片面も約2分揚げる(※3

④全体がきつね色になったら油から取り出し、揚げ台に立てて置く。そのまま余熱で5分ほど火を通したら完成です(※4

 

ブライン液・とんかつ

 

※コツ・ポイント

※1豚肉の準備

豚肉を常温に戻す

冷蔵庫で漬け込んだ豚肉を、ブライン液から取り出し、常温に戻します(約20分)

※2カツの準備

・豚肉を常温に戻している間に、カツの準備をします

 

バッター液を作る

ボウルにバッター液の材料を全部入れて、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜます

バッター液の材料
・卵 1個
・小麦粉 大4
・水 大1

 

パン粉とバッター液

バットにパン粉をたっぷり入れ、広げて用意しておきます

 

豚肉をバッター液にくぐらせる

豚肉をバッター液にくぐらせます

 

パン粉をつける

バッター液をつけた豚肉を、パン粉の上に置いて上からたっぷりとパン粉をかぶせます

包むように優しく押さえます

パン粉をつけるとき、力を入れて押さえないように注意して下さい

 

パン粉をつけたら皿に置く

準備できたカツを、皿にのせておきます

※3カツを揚げる

カツを揚げる

油を180度に温めます

油が180度になったかを確認したら、カツを油にそっと入れます

カツは1枚ずつ揚げるのがベストです。2枚同時に揚げる場合は、カツが重ならない大きさの鍋を使用して下さい

 

油にカツを入れたら、約20秒触りません

20秒経ったら箸で動かしながら、表面が色ずくまで揚げます(約2分)

油に入れてすぐに触ると、表面のパン粉がはがれてしまいます。触るのは20秒ほど我慢して下さい

 

カツを両面揚げる

2分経ったらカツをひっくり返して、同じように箸で動かしながら約2分揚げます

上下合わせて約4分、カツがきつね色になるまで揚げます

※4油の切り方

カツは立てて油を切る

油から取り出したカツは、重ならないようにバットの上に立てて置いて油を切ります 

カツをを立てたまま、余熱で5分火を通します

余熱で火を通せたら完成です

ブライン液に漬けた豚肉は、下味がついています。まずはそのまま食べて、豚肉旨味を味わってみて下さい

 

とんかつ

  

豚肉ビタミンB1がとても豊富に含まれています

ビタミンB1は疲労回復の効果が期待できます

夏バテしやすい暑い日には、ぜひ豚肉(とんかつ)を食べて元気回復して下さい

暑い日の揚げ物は大変です。熱中症にならないように、水分補給しながら作って下さい!

 

ブライン液を使ったレシピ

ブライン液に漬けた豚肉で、ローストポークを作ります。低温のオーブンでじっくり焼き上げます

ブライン液・ローストポーク

今回は、ブライン液に漬けた豚肉で「ローストポーク」を作ります・ブライン液に漬けた豚肉はしっとりジューシーな仕上がりになります・ブライン液に漬けた豚肉は旨味がUPします・ブライン液に漬けると豚肉に下味がつきます[…]

【ブライン液】豚肉の柔らかさに驚き!オーブンで作るローストポーク

 

ブライン液でしっとり柔らかくなった鶏むね肉を、とり天にしました

とり天

みなさんは「とり天」を作るとき、鶏肉のどの部位を使われますか? 鶏もも肉を使ってとり天にすると、ジュワッと旨味と肉汁が溢れ出て本当に美味しいですよね しかし!今回はあえて鶏胸肉を使って「とり天」を作っていきます[…]

【ブライン液】鶏胸肉で作るふわふわとり天のレシピ|驚愕の柔らかさ

 

ブライン液に漬けた鶏ささみを、蒸し鶏にします。電子レンジを使った簡単レシピです

ささみ蒸し鶏

今回は、ブライン液に漬けた「鶏ささみの蒸し鶏」電子レンジで簡単に作ります ・ブライン液に漬けると、保存性が高まります・ブライン液で下味がつくので、そのままでも美味しく食べられます・保水性が高まり[…]

ブライン液で超しっとり|レンジで簡単!柔らかささみの蒸し鶏レシピ

 

ブライン液に漬けた鶏むね肉唐揚げを作ります。旨味が凝縮されたジューシーな鶏むね肉に驚きます

鶏胸肉の唐揚げ

[ads-pos-1]今回は、【ブライン液】鶏胸肉の唐揚げの作り方です ・低脂肪でヘルシーな、鶏胸肉を使います・ブライン液に胸肉を漬け込んで、鶏胸肉を柔らかくします・ブライン液で、基本となる下味[…]

【ブライン液】しっとりジューシー鶏胸肉の唐揚げ|仰天の美味しさ!

 

 

とんかつ

 

何かわからない事があれば、気軽にコメントくださいね

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。