【ブライン液】豚肉の柔らかさに驚き!オーブンで作るローストポーク

【ブライン液】豚肉の柔らかさに驚き!オーブンで作るローストポーク

【ブライン液】豚肉の柔らかさに驚き!オーブンで作るローストポーク

今回は、

ブライン液に漬けた豚肉で「ローストポーク」を作ります

ゆき 吹き出し
・ブライン液に漬けた豚肉はしっとりジューシー仕上がりになります

・ブライン液に漬けた豚肉は旨味がUPします

・ブライン液に漬けると豚肉に下味がつきます

ブライン液とは、もともと塩を溶かした水のことをいいます。現在は水に塩と砂糖を溶かしたものをブライン液と呼んでいます

 

ブライン液に食材を漬け込むだけで、しっとり柔らかくジューシーに仕上がります

ブライン液のススメ

広告[ads-pos-1] 今回は【ブライン液】についてお話します ・ブライン液は、家庭でも簡単に作れます・ブライン液に漬けると、低脂肪でパサつきやすい肉がしっとりします・ブライン液に漬[…]

【メリット・デメリット】ブライン液|理由・仕組みを知って得しよう

 

広告

 

(簡単な自己紹介)フクヒロキッチン・ゆき♪です。男女二人の子供を育てながら、スーパーのデリカコーナーで10年以上主任をしていました。お店の経験を活かして『 簡単に作れて、カラダに優しい料理 』をご紹介します♪(プロフィールはこちら

ブライン液に漬けて焼いたローストポーク

 

ブライン液に漬けた豚肉は、下味がつきます。今回はソースを作りません。是非そのまま味わってみて下さい。味変したいときは、わさびがオススメ!

 

広告

今回使用した材料

ブライン液の材料

・水 200cc
・塩 10g
・砂糖 10g
ブライン液は、水に対して5%濃度の塩と砂糖を溶かした調味液です。水300ccなら、15gの塩と砂糖です

ローストポークの材料

・豚肉(塊) 400g
・Aにんにく 1片
・Aローリエ 1枚
・オリーブオイル 大1
豚肉は好みの部位を使用して下さい。今回は豚もも肉を使用しています

ブライン液に漬ける

ブライン液・作り方

ポリ袋でブライン液を作る

ポリ袋にブライン液の材料を全て入れます

ブライン液の材料
・水 200cc
・塩 10g
・砂糖 10g

ポリ袋の口をしっかり持ち、上下に振って塩と砂糖を溶かします

 

ボウルに入れる

ボウルにブライン液が入ったポリ袋を入れておきます(安定します)

ブライン液・漬け方

豚肉の下ごしらえ

豚肉の表面の水分を拭く

買ってきた豚肉を一度洗い、表面の水分をキッチンペーパーで拭き取ります

 

豚肉にフォークで穴をあける

豚肉をフォークで刺して、数か所穴をあけます

穴をあけると、ブライン液が浸透しやすくなります。思い切っていっぱい穴をあけてください。でき上がりに支障はありません

 

ブライン液に漬ける

用意しておいたブライン液豚肉Aの材料を入れ、空気を抜いて口を閉じます

にんにくは包丁の腹で潰してから、ブライン液に漬けます

Aの材料
・Aにんにく 1片
・Aローリエ 1枚
でき上がりの日にちと時間を書いておくと忘れません

冷蔵庫で1日~1日半漬け込みます

肉の大きさでブライン液に漬ける時間が変わります。今回使用した豚肉は、そんなに大きな塊ではなかったので、1日と4時間漬け込みました。ブライン液に慣れてくると漬け時間の調整ができるようになります

ローストポークの作り方

①ブライン液から豚肉を取り出し、常温に戻す(※1

②常温に戻した豚肉にフライパンで焼き目をつけたら、120度に温めたオーブンで1時間焼く(※2

③焼けたら豚肉を取り出し、アルミホイルで包む。そのまま約1時間休ませたら、完成です(※3

 

ローストポーク

 

※コツ・ポイント

※1豚肉を常温に戻す

豚肉を常温に戻す

ブライン液からとりだした豚肉は、洗いません!キッチンペーパーで水分を取ります

冷蔵庫から出した豚肉を、常温に戻します(豚肉が常温に戻るまで約30分~1時間です)

※2豚肉を焼く

フライパンで豚肉を焼く前に、オーブンを120度に余熱しておきます

初めにフライパンで、豚肉に焼き目をつけます

豚肉に焼き目をつける

豚肉の表面の水分を、キッチンペーパーで拭き取ります

フライパンにオリーブオイル大1をひき、強火豚肉の表面にこんがり焼き目をつけます

豚肉の表面を手早く焼いて、旨味を閉じ込めます

 

豚肉を天板にのせる

こんがり焼き目がついたら、クッキングシートを敷いた天板にのせます

120度に余熱しておいたオーブンで、1時間焼きます

低温でゆっくり焼く豚肉は、旨味が凝縮されて柔らかく仕上がります

※3仕上げ

豚肉をアルミホイルで包む

加熱が終わった豚肉を、オーブンから取り出します(熱いので気をつけて下さい)

取り出した豚肉を、アルミホイルで包みます

約1時間、豚肉を休ませます(余熱で火を通します

 

ローストポーク

休ませたらアルミホイルから出します

 

ブライン液に漬けたローストポーク

好みの厚さに切って、皿に盛り付けたら完成

ブライン液・おすすめレシピ

ゆき 吹き出し
ブライン液の凄さがよくわかるレシピです!

 

ブライン液に漬けた鶏ささみを、レンジで簡単に蒸し鶏にしています

ささみ蒸し鶏

今回は、ブライン液に漬けた「鶏ささみの蒸し鶏」電子レンジで簡単に作ります ・ブライン液に漬けると、保存性が高まります・ブライン液で下味がつくので、そのままでも美味しく食べられます・保水性が高まり[…]

ブライン液で超しっとり|レンジで簡単!柔らかささみの蒸し鶏レシピ

 

パサつきがちな鶏胸肉が、ブライン液で驚くほどしっとりジューシーなとり天に仕上がります

とり天

みなさんは「とり天」を作るとき、鶏肉のどの部位を使われますか? 鶏もも肉を使ってとり天にすると、ジュワッと旨味と肉汁が溢れ出て本当に美味しいですよね しかし!今回はあえて鶏胸肉を使って「とり天」を作っていきます[…]

【ブライン液】鶏胸肉で作るふわふわとり天のレシピ|驚愕の柔らかさ

 

ブライン液に漬けた鶏胸肉は、もも肉に負けない旨味を感じられます

鶏胸肉の唐揚げ

今回は、【ブライン液】鶏胸肉の唐揚げの作り方です ゆき・低脂肪でヘルシーな、鶏胸肉を使います・ブライン液に胸肉を漬け込んで、鶏胸肉を柔らかくします・ブライン液で、基本となる下味がつきます […]

【ブライン液】しっとりジューシー鶏胸肉の唐揚げ|仰天の美味しさ!

 

 

ブライン液に漬けたローストポーク
豚肉を柔らかくする方法
・豚肉をブライン液に漬け込む
・豚肉を低温オーブンでじっくり焼く

時間をかけて作ったローストポーク

家庭で出てくるレベルではない美味しさです

時間はかかっても1つ1つの工程は簡単で、仕事のほとんどはブライン液オーブンがしてくれます

ブライン液に漬けた豚肉のローストポーク、ぜひ作って感動して下さい

 

何かわからない事があれば、気軽にコメントくださいね

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。